魅力ある自分づくり

2008年04月28日

見えざる力

自分の意志だけでは、対処できない事柄があります。
それらに如何向き合っていくか、考えておくことも必要です。

コンピュータウイルスの侵入によって犯される情報は、
セキュリティーシステムで回復できるかもしれませんが、
日々発生する事件事故から、自らの身体を守ることは、
100%完璧には出来ない時代になってきたように感じます。

デジタルの世界がどんどん進んでいくのに、
アナログの世界は、どんどん落ち込んでいきます。

デジタルの世界は見えにくいですが、アナログの世界も全く読めません。
人々がどのような行動を起すか、全く分からないからです。

自己防衛の手段はあっても、隙のない人間になることは極めて困難です。
かりに、そのような人間になったとしたら、
むしろ魅力を失ってしまうかもしれないのです。

人間的魅力は、
完璧さではなく、足りない部分があるけれど、
愛嬌が感じられるようなところに、良さを見出すことが出来るからです。

人を惹き付ける何かを持っている、そういう人に憧れるのです。

人間は、自分一人では生きていけないし、何も出来ません。
何らかの形で協力する人が必要なのです。

何かを生み出していく力は、周囲の人達と良い影響を与え合って、
お互いの知恵が複合作用をもたらすことでついていきます。
そこには見えない何かかが、影響を与え合うのです。

よりよい方向へ進もうとする意識が、求め合って結合していくのです。

注意することは、社会で突発的に起こる出来事でも、
自分には関係がないと、無関心にならないことです。
「まさか自分には・・」
と言う考えでいると、身に降りかかってくる出来事に、
適切に対応できないことになるからです。

世間一般に起こることは、ある程度身近なこととして、
想定して、頭の中に入れておくことが大切です。

自分の意志だけでは、対処できない事柄があると言うことを、
心の片隅に留め、万が一に備える心構えでいることが大切です。
posted by シーサン at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

早合点しない

早合点は、時として好ましくない結果をまねきます。
そうならないよう、話はしっかり受け止めて、対処しましょう。

人の話はよく聞き、その内容を十分理解した上で、
自分なりに判断をすることが大事です。

自分の言いたいことだけを話そうとすると、
どうしても相手の言葉を十分聞き入れず、
先走ったこと言ってしまう恐れがあるからです。

そのような場合、どうしても、相手の言葉を遮り、
話し手の言葉を自分の都合のいいように解釈してしまいます。

最後までしっかり話を聞いた上で応対するのが、
話し合いでは好ましい姿です。
話の途中で言葉を挟み、先走って自分の言いたいことだけを言うことは、
相手に不快感を抱かせます。

言いたいこと、主張したいことは誰でも持っています。
でも、話しがエキサイトしてくると、自分のことが主体になりがちです。

数人が集まって話し合いをするときもそうです。
各人が、自分の言いたいことだけを話して、人の意見に耳を傾けないと、
結局結論が出ずに、時間だけが無駄に過ぎ去っていきます。
最後は全員が消化不良で、不満を残したまま終わります。

「ブレーンストーミング」
は、人の意見に反対していけない、と言う決めがあります。
積極的に意見を出し合うためです。
これは多くの意見を出させるための手法ですが、
ここまで極端でないにしても、言葉のやり取りは、
相手の言葉を理解しないと、正しい結論を導き出せない恐れがあります。

相手の言葉が終わらないうちに、自分なりの勝手な解釈をすると、
誤った結果を招きかねません。

早合点して、自分本位の解釈をしないことが大切です。
posted by シーサン at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

他人を思いやる

日々の生活の中で、常に直面するのが、人間関係です。
日々さまざまな人との出会いがあります。

自分本位の考え方は通用しません。
相手の話に耳を傾けなければ、人間関係は成り立たないのです。

時には、他人を思いやることが必要になります。
この言葉には深い意味が込められています。

日頃は意識せずに、自然な形で人と接し、
殆んど無意識に対応しています。
そうですね、人を思いやる気持ちが自然と働いて、
スムーズな人間関係が出来上がり、
日常生活が問題なく送られているのです。

他人を思いやる気持ちがあれば、ことが起こっても、
問題が生じても、自然と良い方向で解決していきます。
それは、日頃の言動が、
周囲に受け入れられている結果だと思います。

人間関係においては、独りよがりにならず、
短絡的に判断を下すことを避け、
感情的になることを抑えることも必要です。

広い心で冷静に行動することが大切です。

他人を思いやる気持ちを持ち続けていれば、
周囲の環境は自然と良くなり、必ずいい形で自分自身に返ってきます。
posted by シーサン at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

気付くこと

興味や関心のあることには、積極的に、外に目を向けていくことです。
自分の殻に閉じこもっていると、周囲が見えなくなってしまいます。

人の動きから時代の変化を知るように、
世の中のさまざまな出来事から目を離さないようにすることです。

雑誌や新聞の記事を鵜呑みにして、それら全てが正しいと判断していると、
ネガティブになりがちです。

ニュースの多くは、その裏側を批判したり、悪い面を捉えて大袈裟に表現し、
読ませようとするからです。

雑誌の広告を見ると、面白い記事にして、
タイトルで釣り、売上を伸ばそうとしているかのように感じます。

そのタイトルを見るだけで、ある程度中身が分かります。
関心のある話題があると、どうしても買って読みたくなります。

勿論正しい内容を含んでいるのですが、
ニュースを捉える視点が、読者の興味を引くことに重点が置かれ、
もっと大事な面が省かれている恐れがあります。

記者が取材している時の、当事者にかける言葉の内容を見ていても、
噂や他の記事の内容を鵜呑みにしているようで、
些か認識不足としか思えない、取材の仕方を感じることがあります。

自分の力で本質を捉え、深みのある内容を確認した上で、
独自の取材をして欲しいものです。

当事者本人の言葉よりも、
第三者の言葉の方を信じて報道するに至っては、
記者の能力を疑わざるを得ないのです。

真実を正確に把握し、事実に気付くことが大事なのです。
posted by シーサン at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

大切さを知る

自分本位に生活していると、大事なことを見過ごしてしまうことがあります。

自分にとって大切なことは、他の人にとっても大切であることが多いのです。

家族一緒の時間は、全員に大事な時間です。
親子が、心を開いて話の出来る貴重な時間です。

親が忙しいことを理由に、
子供と話の時間を待たないと、子供の心に不満が残ります。

話したいときのタイミングをはずさないことです。
親は、子供の状況をしっかりと掴むことが大切です。
これは親の子供に対する気配りです。

子供が何を話しかけても、知らぬ振りをしている父親を良く見かけます。
しつこい位話しかけているのに、全く反応を示さない人です。
何が大切なのか分かっていない人です。

特に父親は、母親よりも子供に接する時間が少ないのですから、
尚更子供の声に耳を傾けるべきです。

日頃仕事に追われている人でも、頭の切り替えが必要です。
自分が置かれた状況に応じて、気持ちを切り替えていくことが大切です。
それが出来ないと、仕事上のストレスも解消されません。

子供の成長は早いですから、次々に新しい発想で話しかけてきます。
それを受け入れることで、大人としての発想も変わってきます。

ただ単に、子供の声に耳を傾けるだけでなく、
新しいものを受け入れる気持ちになることが大切なのです。
親子の会話は、子供にとって学びの基本です。

知識は暗記して覚えるのではなく、
理解してからだで覚えることが大切です。
からだで覚えたものは、長く記憶に留まります。

休日には、努めて外に出るべきです。
父親の役割は、子供の目が社会へ向けて開けていくよう、
心がけることです。
TVや映像を通してみるよりも、直接自分の目で見てもらうことが大切です。

ショッピングでも散歩でも、いつもと違う道を歩いてみるだけで、
子供の社会を見る目や興味は変わってきます。

新しいものに触れ、目にしたものに関心を持つことです。
「何が大切なのか」を知ることが大事なのです。
大切なことを忘れないようにしたいものです。
posted by シーサン at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

現状を認識する

今もし、困っていることがあれば、
現状を正しく認識するところから、全ては始めることです。

心の悩みや、ストレスに陥らないためには、
現在、自分がおかれた状況を、正しく認識することが大切です。

悩みやストレスが、何もない人は問題ないのですが、
仕事上の問題、人間関係、家庭内の出来事、進学、就職、
など考えることは沢山あります。それに伴う悩みはつきものです。

おかれた状況によって、対処の仕方が違ってきますから、
先ず、現在自分が考えている状況をしっかりと認識して、
今後の対応策を考えることが大切です。

ただただ思い悩み続けるのではなく、
どのような方法で問題を解きほぐしていったらいいのかを考えることです。

多くの場合、一人で考えているより、
身近な人と話をすることで、道が開けていきます。

親子、夫婦、兄弟姉妹、友人など、
胸襟を開いて親身になって話し合える人との会話が、大事です。
何でも真剣に話し合うことができ、信頼できる人です。

その場合、背伸びしてポーズをとらないことが大切です。
嘘やごまかしもよくありません。
有りの儘の現状を言葉で表し、率直な意見交換をすることです。

嘘や誤魔化しなどの辻褄を合わせるために、言葉を弄している間に、
正しい現状から離れていってしまうことがあります。
これは避けなければなりません。

酒などアルコールなどで癒しても、それは一時的な気休めに過ぎません。

ストレスが高じて招く生活習慣病は、
恐らく不適切な対処の仕方から生じていると考えられます。

無理をして頑張り過ぎないことです。
悩みやストレスは溜めないことが大事です。
気持ちを上手く切り替えて、一度頭の中を空にすることも必要です。
posted by シーサン at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

決め付けない

「そんなことは出来ないよ、無理だよ」
自分自身で、そう決め付けてしまっていることはありませんか。
あったなら、直ちにその考え方を捨てることです。

英語をマスターしたい、ダイエットをしたい、
世界一周旅行をしたい、そのような思いを抱いたら、
それらを実現するために、日夜頑張り通すことです。
「やれば出来る」、そう考えて努力することです。

転職を考えているとしたら、自らの経歴を振り返って、
詳細に分析しておくことです。

実績、資格取得内容、積極性、協調性、柔軟性、対応力、
洞察力、先見性などを備えて、
それらを十分活かし切って仕事をしてきたか。
足りない部分があったとしたら、それを補う努力をしてきたか。
企業が求める、将来の可能性を十分身に付けたいるか。
自分を売り込む能力に自信を持っているか。
意志を貫いていく信念を持っているか。
自分の将来の夢を語れるか。

心の準備が出来ていれば、
チャレンジ先の敷居は決して高くはありません。
自信を持って立ち向かっていくべきです。

転校することも可能な時代です。
希望の学校へ行けなくても、実力を付けて、希望の大学へ転校し、
当初の夢を実現した人は大勢います。

気持ちを抑えて、
何時までも同じところに留まっていることはないのです。

「自分には無理だ」、そう決め付けて、現状に甘んじ、
努力を怠っていると、何時まで経っても、先に進めません。

希望を叶えたいのであれば、
それなりに準備して、チャレンジしていくことが大事です。
posted by シーサン at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

季節感を味わう

季節が変わるとき、気持ちを切り替えるには、良いチャンスです。

厳しい寒さから解きほぐされ、過ごしやすい季節を迎えました。

抜けるように澄んだ青空のもとで、楽しく過ごすことができれば、
晴れやかな気持ちになり、からだも心も元気になります。

木々の緑がきれいに色づくこの時期は、都会の喧騒から離れて、
郊外で森林浴を満喫するのも良いでしょう。

1年を通して、いつもこの時期のような、
爽やかな気持ちを保てれば好いのですが、
なかなかそう行かないかも知れません。

生活上直面する様々な事柄に対処し、プレッシャーをはね退けて、
片付けなければならない問題も、次から次に発生しますから。

良いことばかりではありません、ストレスの溜まることも沢山あります。

でも、この季節は、日々の行動に一区切りつけるには、いい機会です。

これからは、旬のものを味わう機会を得るのも良いでしょう。

日本の伝統に育まれた、より良いものを取り入れながら、
季節にあった過ごし方をするのは、生活の知恵です。

一息入れて、季節感を味わいながら、気持ちを切り替えるには、
大変相応しい時です。
posted by シーサン at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

気分とリズム

身体の調子と相談しながら、
よりよいリズムを作り出していくことが大切です。

いつも自分が気に入る街は、
歩いているだけで、気持ちが穏やかになるものです。

気に入った店を訪れるのも良いし、美味しい店があるのも良い。
そこを訪れる人たちの姿にも、
同じ気持ちが伝わってくるものがあります。

バイオリズムと言うのがあります。
これは、人間は生まれた時から、一定のからだのリズムがあって、
占星術の占いと異なり、科学的根拠によって証明されています。

身体のリズムは23日周期、感情のリズムは28日周期、
知性のリズムは33日周期で、
これらのリズムが、一定の周期で繰り返されるのです。

日頃気付かずにいる体調の変化も、
これらのリズムと深い関わりがあるのかもしれません。

バイオリズムは、欧米の精神医学者によって見いだされ、
様々な臨床でその正しさが証明されているのです。

だからこれを日常生活の中で、上手く利用すると良いのです。

好きな街を歩きたいと思う気持ちのどこかに、
そのときの感情や身体のリズムが、後押ししているような気がします。

気持ちの趣くままに素直に身体を動かすことで、
気持ちを入れ替えることが出来るのです。

感情や気持ちを大切にすると、本来のリズムが戻ってきます。

何事にも意欲が湧いてこない時などは、
身体のリズムが低調なのだと、自重することも大事です。

からだに調、不調の波があるのは、科学的な根拠があるのですから、
そのことを念頭において、上手く気持ちを切り替えていくことです。
posted by シーサン at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

生活のマンネリ化

今日は冷静に気持ちを落ち着かせ、
生活がマンネリ化に陥っていないかを考えてみませんか。

良い習慣は、続けることで磨きがかかり、
自分自身を魅力ある人間に高めると共に、
人にも良い影響を与えるようになります。

でも、日常生活がマンネリ化に陥っていることに気付かないでいたとしたら、
成長のチャンスをみすみす逃しているかもしれないのです。

時間を過ごし方を少し変え、いつもとは違う行動をしてみると、
何か新しいものが見えてくるかもしれません。

良いことも悪いことも、それに気付くことが大切なのです。

日頃は、余り深く考えずにやっていることでも、
ちょっとした工夫で、思いがけなく良い結果を招くことがあります。

気持ちの持ち方を変えてみるだけでも、
周囲に変化をもたらしますし、考え方に変化が現れます。

大事なことは、普段と違う環境に身をおいたときに、
観たもの感じたことを、頭の中で整理してみることです。

自分を見詰め直してみることはとても大事なことです。

そして、生活のマンネリ化を招かないように、心がけていくことです。

最近発生した大きな事故にも、
マンネリ化による歪みみたいなものを、垣間見たような気がします。

慣れた生活に流されないように、
意識して、自分の行動パターンを見直すことも必要です。
posted by シーサン at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。