魅力ある自分づくり

2008年07月30日

語りつくす

心を閉ざさず、オープンに気持ちを伝えていくと、
わだかまりが解けていきます。

今人間関係がぎすぎすして、それが原因で不満が鬱積し、
ある日突然、耐え切れずに爆発して、事件や事故を起こす人がいます。

心に鬱積した思いを、聞いてもらえないことが原因かどうか、
その辺りは不明ですが、内にこもってしまうと、
あまり好いことは考えないのは人間の常です。

共通の趣味や興味を持っていると、お互いの気持ちが通じ合い、
率直な気持ちを表していくことで、心が晴れていきます。
親しい間柄であれば、包み隠さず、語りつくすことです。

意見の相違があっても、わだかまりを残さないようにすることです。
自分の好みだけに拘らないことです。

自分の思うように、ことが進まないからといって、
心を閉ざしてしまわないことです。

語らいの中から、新たな自分を発見することもあります。
新たな自分が分かれば、人の良さも分かります。

自分の頭の中だけで、物事を考えているよりも、
多くの人と話す中で、脳が活性化し、知恵が付いていくのです。
posted by シーサン at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

自分を守る

危機管理意識を持つことが大切です。

人間は、非日常的状況に直面すると、
反射的に自己防衛本能が働いて、一種の警戒心を抱きます。

見知らぬ人に声をかけられると、道を訪ねられるだけで、
一応に身構えてしまいます。

声をかけた側の立場で言えば、
そんなに敏感に反応しなくてもいいのではないかと、
考えることがあります。

でも、特に最近のように、事件が多発すると、
声をかける側、かけられる側でも、
神経質にならざるを得ないのは当然です。

また、それくらいの警戒心がないと危ない状況です。
そのような事態を踏まえて、危機管理の必要性が叫ばれています。

国内に限らず、海外旅行者が増えてきたことを考慮して、
海外旅行者のために、各地の危機管理情報がTVで流されています。

これを見ると、主な国の繁華街は殆んど危険で、
安心して観光できない状況が提示されています。

日本は島国で、外部からの侵入者が安易に入り難いこともあり、
比較的危機管理は疎かになっていた嫌いがあります。

だから海外へ出ても、国内にいる感覚で行動し、
危険を回避する気持ちの切り替えが出来なかったのです。

その辺りを反省しながら、世界中何処へ行っても、
危険は潜んでいるのだという、危機意識を持つことが大事です。

自分を危険から守るのは、自分しかないのです。
posted by シーサン at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

思いを深める

厳しい暑さが続く季節になりました。
子どもたちは、夏休みで暫くは楽しい日が続きます。

母親にとっては、毎日家にいる子どもたちの世話で忙しいでしょう。
でも身近にいるだけで安心できるとも言えます。

仕事に就いている人達も、何日かを休めるかもしれません。
連休が取れれば、気持ちを切り替えるには良いチャンスです。

何等かの区切りをつけるには、
このようなときを利用するといいのです。

過ぎ去った日々を思い起こしながら、培ってきたもの、育んできたもの、
学んできたことをもう一度しっかりと確かめることです。

整理できたら、積み上げてきたものを、
次のステップへと繋げて行くことです。

もしこれからの生活を、全く新しい気持ちで臨むのであれば、
過去を断ち切って、気持ちを一新していくことも大切です。

今を大事に、これからの生活をより充実させるために、
思いを深めながら、新たな一歩を踏み出し行きましょう。
posted by シーサン at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

違和感を覚える

何かおかしいと感じたら、立ち止まって考え直すときです。

環境や言葉によって、人の考え方は異なります。
住む国によって、子供に対するしつけにも違いが現れ、
戸惑うことがあるかも知れません。

日本人の感覚と、アメリカ人とでは違いがあるように、
その国の文化の違いが、人々の考え方を形づくっています。

特に、言葉使いに違和感を覚える人は、多いのではないでしょうか。

言葉を短縮していう言い方は、ある年代層に普及していますが、
マスコミの報道の中でも、無意識に使われることがあります。

言葉使いが乱れていることに気付かない人が多いのは、
言葉使いに無頓着な時代を反映しているのかもしれません。

違和感を覚えながら、自らも面白半分に使っているうちに、
新しい言葉使いにはまり込んでしまっているのです。

また、身体の変調に違和感を覚えるなら、
一度真剣に体の総点検をすると良いのです。

言葉でも、体調でも、何かいつもと違うものを感じたときが、
本来の形に戻すよい機会です。

違和感を覚えたまま放置していると、後悔する羽目に陥るかも知れません。

人から注意されたり、忠告される前に、
正すべき何等かのシグナルを感知することが大切です。
posted by シーサン at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

元気をもらう

もし、気が滅入るような状態にあったら、人から元気をもらい、
立ち直りのきっかけを作ることも大事です。

気持ちが落ち込んでいるときとか、精彩を欠いて元気がないときなど、
自分の殻に閉じこもってしまうと、憂鬱な日々を過ごしかねません。

思い切って親しい友人に声をかけてみるなど、
気持ちを切り替えていくことが大事です。

元気な人の声を聞けば、気持ちは明るくなり、
からだが本来の姿に目覚めてきます。

これらの経験はやがて他の人に対する、
思いやりや気配りに発展していきます。

そして、他の誰かが元気をなくしているときに、
力を与える役割を果たせるようになります。

様々な経験を積むことは、人間を大きくしていきます。
大事なことは、経験の一つひとつを体に染み込ませていくことです。

親しい仲間と遊んだり、楽しい会話を交わしたり、スポーツに興じたり、
関心のある人の講演を聞きに行ったりして、頭を切り替え、
人から元気をもらうことです。

その時々の状況に応じた、気分転換方法を心得ておくと、
ストレスが溜まらずにすみます。
そして、気分良く次の行動に移れます。

posted by シーサン at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

選り好み

選り好みをすることは、決して悪いことばかりではありません。
選り分けて、より好いものを取り入れていくことは必要です。

TV番組は、自分の好きなものを観たくても、
家族の好みと合わないため、一歩譲って、
観たくない番組に付き合わされてしまうことはあるでしょう。

ビデオに撮り、後で見る手はありますが、
時間の配分が上手くいかないと、そのうち忘れてしまうこともあります。

見たいときに観るのが好ましい時間の取り方なのです。
特に、知識として得ておきたいことや、
これからのビジネスや生活に役立つ大事な情報だったりすると、
吸収力が高まり、集中力が増して、知識として身につきます。

バラエティやクイズ番組などは、殆んどその場限りで、
後に残るものはありませんので、
興味や関心が薄いのに漠然と見続けると、無駄な時間を費やします。

関心の度合いが偏るわけでなくとも、
これからの生活に必要なものを選んで参考にする気持ちが大事です。

TVの見方は人さまざまですが、
少なくとも提供者側の安易な誘導に乗っかって、
無駄な時間を過ごさないように心がけたいものです。

自分の気持ちを大事にして、
「選り好み」だといわれても、自分のペースを保つことが大切です。
posted by シーサン at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

共通の認識を持つ

物事を進める上で、大切なことは、共通の認識を持つことです。

仕事にしても、家事にしても、
単独でやることと、共同でやることがあります。

特に会社組織の中で仕事を進めていく上で大切なことは、
自分がどの部分を担当しているのか、常に認識することです。

他部門との調整が必要な時は、キーマンとのコンタクトが必要です。
課題によって、相談する相手は誰か、
日頃から念頭においておくのが良いでしょう。

上下関係に拘らず、横の関係を考慮に入れることも、
仕事を進める上での重要なポイントです。

家事も家庭内での分担を決めておけば、
生活の多くの部分が円滑に進みます。

子供にも、何等かの役割を与えてあげれば、それが習慣となって、
家族の一員としての自分の存在感が高まり、
自然な形で生活習慣が身につきます。

自分の存在感が高まれば、何事にもやる気を起こし、
意欲を持って取り組むようになります。

子供の能力は、大人が考えている以上に急速に高まりますから、
成長の段階で、様々な意見や疑問が出てきます。

自分の役割を知ることで、疑問点が出てくれば、
創意工夫をするようになります。
考えることで、格段に高い知識が身についていきます。

生活のあらゆる部分が人との共同作業です。
共通の認識を持って生活すれば、日常起こり得る殆んどの事柄は、
お互いの意見を出し合うことで解決できます。
自分ひとりで抱え込まないことが大事です。

協力してことを進めることで、円滑な人間関係が構築されていきます。
posted by シーサン at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

率直に話す

曖昧で言葉を濁す言い方では、貴方の気持ちが、
相手に正しく伝わらないことがあります。

英語は、言い方がストレートで分かりやすいが、
日本語は、曖昧な言い回しが多くて、
話の内容が分かりにくいことがあります。

少し控えめな言葉で話すことがあったりするのは、
良い意味では謙虚さがあると言えるのかも知れませんが、
ストレートで率直な話し方のほうが、好感が持てます。

TVを観ていても、ストレートにずばりとものを言う人の話は、
判りやすく、良い印象を受けます。
頭の中が整理されていると感じます。

スポーツ選手へのインタビューでも、
回りくどい答え方をする選手は印象が良くありません。
質問にずばり応えてくれたほうが、スポーツマンらしく好印象を与えます。

話す内容や言葉は、頭の中で素早く整理することを心がけると、
身近な言葉で簡潔に話せるようになります。

話の内容をあれこれ考えすぎると、何を言っているのか、
分からないような話し方になってしまう恐れがあります。

分かりやすく率直に話すことが大切です。
言葉を飾り過ぎないことです。
posted by シーサン at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

鋭気を養う

これから猛暑の季節に入ります。
夏休みを取る人もいるでしょう。
体と心を休めるには、とても良い時期にさしかかります。

一区切りつけ、ここあたりで鋭気を養っておくことも大事です。
夏ばてしない程度に、元気に乗り切っていきましょう。

日々仕事や家事に追われていると、心身ともに疲れが出てきます。
特に長時間労働で、猛烈に働きづめの人は、休養が必要です。

といっても、自分の時間は多くは取れませんから、
一日24時間の三分の一を、如何に上手く利用するかと言うことです。

この時間を細切れにして利用するのもいいし、
ゆとりがあれば、まとめて利用するのも好いでしょう。

ウォーキングやハイキング、もう少し時間をかけたトレッキングなど、
身近なところで、からだを動かす時間を取ることです。

日頃使っていない筋肉を刺激すると、脳の働きを良くする効果があります。

写真やスケッチ、美味しいものを食べる、それらを兼ねて、小旅行をすると、
からだはリフレッシュできて、心地よい時間を過ごせます。

大人も子供も、日頃は気付かないうちに、ストレスが溜まっています。
思い切って楽しい時間を作り、鋭気を養うことです。
posted by シーサン at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

準備を怠らない

人生は、長いと思うか、短いと思うか、
このことは、日頃あまり深く考えることはないかもしれません。

でも、後悔しないためには、いつ何が起こっても良いように、
人生設計をある程度きちんと立てておいたほうが良いでしょう。

自分の進む道を敷くことによって、やるべきことが定まってきます。
目標が決っていれば、何を学び、何を身に付ければ良いか、
自ずと分かってくるからです。

何のために学校へ行くのか、如何して勉強しなければいけないのか、
あるいは、何をしたら良いのか、分からない、と言う人がいます。
その人は、将来の目標がないのです。
だから、何をどうしたら良いのか分からないのです。

将来なりたい自分の姿を思い描くことは、人間を大きくします。

「種をまかなければ、芽は出ない」と言われるように、
先ず、やりたいことの「種」をまくことから始めましょう。
芽が出てきたら、その芽を「心無い人に摘み取られないように」
しっかりと、信念を持って育て上げていきましょう。
そのために必要な知識や能力を身に付けていくことが大切です。

仕事にしても、家事にしても、学業にしても、そのことに関わっている時に、
他にやり方はないか、上を目指すには今のやり方でいいのか、
足りないものは何か、何を補わなければならないか、
などと考えながら、進めていると、自然と物事を深く考えるようになります。

目標達成に向けて突き進んでいくと、
問題意識が高まり、周辺に起こる事柄が、関連付けて見えてきます。
そうすると、必要のものを受入れる心の準備が潜在意識に植え付けられます。

視野が広めながら、何事にも興味と関心を持つことが大事なのです。
その行為を続けていくと、
いつか必ず、身についた能力を発揮できるときが訪れるのです。
そのときのために、大事なことを見落とさないように、
常に心の準備を怠らないことです。
posted by シーサン at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。