魅力ある自分づくり

2008年12月09日

得意とするもの

誰にも負けない得意なものを持っていると、それが揺るぎない力になります。
得意とする専門分野があれば、言うことはありません。

趣味などの好きなことから、得意を作っていくことがありますが、
生まれつき備わった才能を持っている場合もあります。

生まれつき備わった才能に、早くから気付く人もいますが、
人から言われて気付くこともあります。

好きで何かを始めるとき、それが才能と関係があることが多いのです。
そのことに気付いたら、もって生れた才能を最大限活かしながら、
それを深めていくことで、大きく開花していくのです。

小さい頃に始める習い事で、好きになって続けるものは、
もって生れた才能であることが関係しています。

途中で嫌になって止めてしまうものは、体質に合わない場合などです。
根気がなくて続かない場合もありますが(笑)
早く気付くほうが、才能を伸ばすにはいいのです。

生まれつき備わっている才能に気付かないのは、勿体ないです。
これまでやって来たことの中から、
自分自身でいちばん力を発揮できたものを考えて見るのも、
才能発見のきっかけになります。

社会人として、能力を発揮していく場合、
仕事上で得意とする分野を作ることは大事です。

あることに関しては、自信を持っていて、絶対他の人に負けないもの。
例えば、エクセルに関しては絶対的自信を持っているとか。

表をつくれる人はゴマンといますが、常に創意工夫をして、
経営管理上必要な資料として、分析した数値を、
適切に表現できる表を作れる人は、そう多くはありません。

ただ作れるだけでは、存在価値を高めることは出来ません。
自分で作り上げていく応用力を備えることが大事なのです。

存在価値が認められるような、能力を身につけることです。
誰から見ても、高い能力を発揮できるもの、それが得意分野になるのです。

同じことをしても、人と違うものを発揮できる人になれれば、
存在価値は確実に高まり、自信に繋がっていきます。
posted by シーサン at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110957233
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。