魅力ある自分づくり

2006年04月24日

忍耐力を高める

諦めず、何事も根気良く続けて、一定の成果をあげるには、
親も子も忍耐力が必要です。

結果が目に見える形で表れないと責める人がいますが、
ある程度忍耐強く状況を見極めながら、
適切なアドバイスをする方が、
良い結果をもたらすことがあります。

自主的な向上心を持たせるような指導が必要です。
やる気は自分の気持ちを鼓舞することから始まります。
厳しく言えばやる気を起すとは限りません。

意欲があまりない人には、目標を持たせることです。
最初から高い目標を掲げるのではなく、当面の目標から、
将来への目標へと、目標を次第に高めていくと良いのです。

一つのハードルを越えると、
次のハードルへと前向きにチャレンジしていきます。
ステップバイステップとは、
一つひとつ目標をクリアしながら成長していくことです。

一つのことをやり遂げると、意欲が湧いてきます。
それが自信につながり、自ら次の目標を立てるようになります。
それが強い意志を作りあげ、周囲の雑音が気にならなくなり、
集中力が高まっていきます。

自らの力で物事が進められるようになると、
気持ちにもゆとりができて、
人間が持っている本来の思いやりの心が醸成され、
焦らずにじっくり取り込む忍耐力がついてきます。

家庭に限らず、あらゆる職場において、
そこに所属する人達の忍耐力を高める環境作りに関わる人は、
持てる能力を、人の育成に使うべきです。

全体の士気が高まれば、周囲の信頼関係が深まり、
効率のよい、円滑な運営ができるようになります。
posted by シーサン at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16985118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。