魅力ある自分づくり

2007年02月06日

岐路に立つ

長い人生には、さまざまな変化が生じます。
良い時があると思えば、思わしくないこともあります。

平凡な生涯を送るより、多少なりとも変化があった生活の方が、
むしろ良い場合があるかもしれません。
神経を蝕み、ストレスが溜まらない程度であれば、ですが。

生活上、厳しい状況に晒されることは何度もあります。
それを乗り越えた先に、喜びが待っているのですが。

それも、何時でも同じ状態をもたらすとは限りません。
何度も人生の岐路に立たされることがあるでしょう。

進むべき道の選択肢が幾つかあった場合、
どの道を選ぶかによって、進路が変わり、人生が変わってきます。
自らの決断を迫られます。
迷いが生じるのはそのような時です。

自分自身が、信念をもって進むべき道を決められればいいのですが、時として、思うように決断できないことがあるでしょう。

誤った決断をしたらどうなるか、将来に禍根を残す羽目に陥らないか、あれこれ悩むことでしょう。
そんな時は、徹底的に悩み、考え抜くことです。

人の意見を聞くのは賢明なやり方ですが、
人に頼り過ぎないことです。
最後は自分の意志で決めるべきです。

将来反省することがあっても、自分で決めたことであれば、
人の所為にすることなく、自分自身で責任を取り、
納得がいきます。

自らが決めたことであれば、やり直しや、立ち直りが素早く出来ます。
自分の行動を正しく分析することが出来るからです。

岐路に立った時の決断は、
貴重な経験として、身についていきます。

決めた限りは、迷いを振り払い、やり遂げるまで、
信念を持って進むべきです。
強い意志はそうして鍛えられていくのです。
posted by シーサン at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

ざっくばらん

心を許す雰囲気作りを心がけるといいのです。
それには、思っていること、考えていることを素直な気持ちで、
気取らずに話すことが好いのです。

腹蔵の無い話し方は、周囲の人達に気楽な雰囲気を与え、
楽しい話題が、次々に出てきます。

言葉は不思議な魅力を持っています。
考えていることを、ありのまま言葉に表していくと、
思いがけない話題に繋がっていきます。

話すことによって、言葉の幅はどんどん広がっていきます。
読んだ本の内容も、話すことによって、記憶に留められていきます。

話すことで、疑問に感じていたことや、
消化不良でもやもやしていたことが、解消されることもあります。

頭の中で、話の中身を作り出そうと神経を使いすぎると、
却ってぎこちない言葉になることもあります。

言葉を選びすぎず、思ったことをどんどん話すことが大切です。
そうすることで、ざっくばらんな話し方ができるようになるのです。

楽しい会話を交わせるようになると、自然と人が集まってきます。
いつも気持ちをオープンにしておきたいものですね。
posted by シーサン at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。