魅力ある自分づくり

2008年11月27日

巡り合わせ

長い人生には、不思議な巡り合わせがあるものです。
その運命的なものを大事にすることです。

座占いで、運命的な定めがあるように、
人間には生まれた時を起点に、バイオリズムがあって、
一定のリズムで生活が営まれています。

そのリズムにあまり逆らわないで、
自然体で受け入れていくことが大切です。

同じ星の下に生れても、環境や性格によって、
異なった運命を担っています。

人それぞれに考え方も違いますが、
似たような境遇にある人はいますから、
初対面でも話が噛み合い、意気投合することがあります。

その出会いは、自然にそうなる運命にあったのかもしれません。
年代が違っていても、似たような生き方の人がいるものです。

何度か会って話しているうちに、
態度や表情まで似ていることに気付いて、驚くことがあります。

また、遠く離れていても、偶然出会うことがあります。
不思議な巡り合わせを感じる時です。
人と人との巡り合わせは大事にしたいものです。

posted by シーサン at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

持ち直す

如何頑張ってみても、結果が裏目裏目と出ることがあります。
こんな時は、如何しますか。

ゴルフをやると、大きなミスをして、スコアが乱れることがあります。
気をとり直して、「ミスショットのことは忘れよう」と、
頭を切り替えても、元の状態にもどらなことがあります。

逆に持ち直そうと思えば思うほど、結果が裏目に出てしまうのです。
気持ちはミスを忘れたつもりでも、脳裏の片隅に、まだ残っていて、
からだがそれに引きずられていってしまうのです。

野球でも、連続エラーをする選手は、
似たような精神状態に陥っているのかもしれません。

気持ちを切り替えるには、一旦そのことから離れて、
違うことをやればいいことがあるのですが、
スポーツはその流れを中断できませんから、厄介です。

仕事上の行き詰まりは、別のやり方を考えると、解決することがあります。
発想の転換です。

正面から見ていたものを、横や、斜め、後ろから見たり、
今までと違う視点から見直してみることです。

これまでのことは忘れて、新たな気持ちで、
新たなやり方で取り組みなおすことです。
そうすると新しい解決の糸口が見えてくることがあります。

柔軟な考え方で、頭を切り替えていくと、次第に体制を持ち直し、
道が開けていきます。
posted by シーサン at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

脇目も振らず

今やらなければならないことに、一心不乱に取り組めば、
新たな展開があなたを待っています。

大事なことには、神経を集中して、そのことに専念することです。
集中する時間を決めて、他のことには目もくれずに、
徹底して取りかかることです。

集中力が高まると、気力が充実してくるのが分かります。
気が散る場合は、考え事をしたり、他の事に目が向いたり、
人の事が気になったり、してしまいます。

あることに神経が集中していれば、
他人の事は気にならないし、暑さも、寒さも感じないものです。

また、徹底して頭を働かせていけば、
効率よく時間を使うことが出来るのです。

物事は出来るだけ短時間で、
効果的に結果を導き出すことが大切なのです。

何かを進める場合、ある程度余裕を持つことも大切ですが、
ゆとりを取り過ぎても良くありません。

むしろ厳しいくらいの時間設定で、取り組んだ方が集中できます。

若干のゆとりは、やり終えた結果の確認や検証のために費やせば、
気持ちの負担は軽くなり、安心して次の行動に移れます。

常に、充実した生活の向上を目指し、
クリエイティブな生き方をするためにも、
やるべきことに対しては、脇目も振らず、
一心不乱に取り組んでいくことが大切です。
posted by シーサン at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

面白味

面白味のある人生、
それが何からもたらされるのか、考えてみるといいのです。

のめりこんでやっていられるものは、面白いからと言えます。
仕事も面白ければ、夢中になります。

夢中になると、時間を忘れてしまいます。
夢中になると、集中力が増してきます。

良いアイディアが知らず知らずのうちに湧いてきます。
話のネタは、関心のあることから取り入れられていきます。

興味のあることが何か一つあれば、
それを深く知りたいと思うし、
知れば知るほど、それらに関連したことにまで、
関心の幅が広がっていきます。

幸いネットは、欲しい情報を必要なだけ得ることが出来ます。

話題が豊富な人は、話好きのようです。

面白味のある人生を送るには、
世の中のことを広く知ることです。

あれも、これも、何もかも知りたい、と言う気持ちになれば、
新しいものがどんどん目に飛び込んできます。

目にしたもの一つひとつに関心を示すことです。
小さな子供が、なぜ、どうして、と親に質問攻めをするように、
関心を持って見詰めていけば、
気持ちが豊かになり、何事にも意欲が湧いてきます。
posted by シーサン at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

騙されない

ネット化が進むと、欲しい情報は瞬時に入手できる反面、
使い方を誤ると、甚大な被害を蒙ることも分かってきました。

利用方法を自分なりにきちんと決めて、
その枠からはみ出さないようにする事が大切です。

ネット化以前の時代では、
直接関わる人との信頼関係が重要でした。

面と向って話をするわけですから、
表情や態度で、ある程度、人を見分けることが出来ました。

ところが、現在は、目に見えないところに存在する、
人との関わりが増えてきているのです。

目に見えないがために、信頼できる基準が曖昧になりがちです。
情報を得る、アンケートに答える、懸賞に応募する、
ショッピングをする、参加予約をする、紹介を得る、
メールを読む、などの場合には、
そこに潜んでいる危険なものと向き合うことになります。

信頼の法則にしたがって、ネットを利用し、
生活上の利便性を、享受しているのだと言っても、
自分の判断だけでは、如何にもならないリスクがあります。

運悪く、悪質な相手に捉まると、
大きな痛手を蒙ることになりかねません。
慎重には慎重を重ねて、ネット利用をしていくことが大事です。

出来れば、アンケートや懸賞、ショッピングモールなどの情報は、
その中身を吟味し、何等かの参考にする程度に止めるといいのです。

ネットは便利ですが、日用品や身の回り品、衣類、電化製品などは、
店頭で自分の目で見て買った方が、
安全であることは言うまでもありません。

ネット化時代に背を向けるようなことになりかねませんが、
安易なネット利用を避けなければ、
安心できない時代になってきたことも事実なのです。

騙されないためには、ネット活用上の自己管理が必要です。
posted by シーサン at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

慰め

自らを慰め、人を慰めることがあります。
でも、時には単なる慰めで終わらせないことも必要です。

いやな事があると、心が晴れやかになるよう、
苦しみや悩みなどを、何かで紛らせることがあります。
でも、殆んどの場合、一時的な気休めに過ぎません。

少し時間をかけても、
その都度、きちんとケジメをつけておくことが大事です。
結論を先延ばしにすると、同じ状態に再び陥ったりするからです。

テストの結果などについて、
悪かったら、その原因をはっきりさせることです。

準備不足であった、見通しが甘かった、問題の理解が不足していた、
思い違いをしていた、努力が足りなかった、などです。
仲間との慰め合いだけで終わらせてはいけないのです。

子供が怪我をして、苦痛を訴えているのに、
飴を与えて慰めているようなもので、
解決したことになっていないことがあるからです。
治療してあげて、痛みを取り除くことが適切な処置なのです。

我慢しろと言うのも、時には必要かもしれませんが、
適切な処置を怠ると、子供の判断力を養しなう上で、
悪い影響を及ぼしかねないのです。

どのようなことが発生したら、どのように対処しなければならないかを、
教え込むことも必要なのです。
一時的な慰めや、我慢で凌ぐことは、必ずしも適切ではないのです。

かりにその場を凌ぐために、気を紛らせるのであれば、
その後の処置を、きちんと説明しておくことが大切です。
何故なら、その場で直ちに処置できないことがあるからです。

単なる慰めで終わってしまうより、後処理が適切なのだと知れば、
納得できるからです。

話を聞く、聞いた結果、納得に行く解決策を与える。
ただ単に慰めだけで終わってしまわないことが大事です。
posted by シーサン at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

騒がしさ

魅力ある街づくりに、一役買う気持ちが、
あなたの存在感を高めるでしょう。

騒がしさが魅力的な会合がある一方で、
その騒がしさがまとまりを悪くしている集まりもあります。

声高な言葉が行き交うのは、
活発で良いじゃないかと言う、意見もあります。
内容によりけりです。

騒がしさを強調するのが、現代社会の特徴かもしれません。
TVドラマや、CMがそうですから。

若年層が行き交う、ある繁華街では、賑やかさを売りに、
集客が積極的に行われ、いつも活況を呈しています。

一定のモラルが保たれ、幅広い年齢層の人達が、
心地好いショッピングが出来れば、言うことはありません。

人気のある街は、単に賑わうだけでなく、
人々を惹き付ける魅力があるからです。

その魅力は、ファッションの先端を行くものであったり、
特段美味しい食べ物の店が集まっていたり、
他の街とは異なる、心地とい雰囲気をかもし出していたりします。

心ある節度を持ちながら、賑わいの中でも、
自分を見失わないように振舞うことが大切です。
posted by シーサン at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

心で捉える

人に関わる問題は、ある一面だけを見て、安易な判断を下すのではなく、
心の奥底から、真意を正確に捉えて、対処することが大切です。

最近、世の中全体に緩みが出ているように感じられます。
物事を深く考えないで行動しているように見られる現象が多いからです。

日々さまざまなニュースが報道されますが、
世の中の出来事を正しく捉えるには、TVに勝るものはありません。
出演者の言葉が、声や文字でストレートに入ってくるからです。

発言内容は、話す言葉の使い方から、人物像が浮かんできます。
特に教育関係者からの発言は、通り一遍の言葉として、
ただ聞き流しているわけに行きません。

大人だけの問題ではなく、将来を担う子供たちの教育の在り方を、
重く受け止めていかなければならないからです。

発言者の、人間としての資質の問題に留まらず、
心の問題にまで踏み込んでいかなければ、
解決できないことが分かってきたました。

でも、世の中全般に関わっていくことは出来ません。
少なくとも、日常関わりのある周辺の人達とは、
日頃から大事な事柄について、
心の通った意見交換をしておく必要があります。

話の内容をお互いが良く理解し、
言葉尻を捉えて、短絡的な結論を出すのではなく、
人の心をしっかりと捉えて、発言することが大切なのです。
posted by シーサン at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

束の間の休息

仕事の区切りを、はっきりと認識すると、
頭の切り替えが上手く出来ます。

大きな仕事をやり遂げると、ほっと一息つく時間があります。

たとえ重複して次から次へと仕事が続いていても、
一つひとつの仕事の区切りには、やり遂げた満足感と、
終わったことでの安堵感が湧いてくるものです。

既に始まっている次の仕事が、
どのように進展するか、気掛かりであっても、
今後に向けた気持ちを高める意味で、少しの時間を割いて、
頭の中を整理するための充電時間が必要です。

束の間の休息ではあっても、
ショッピング、お喋り、食事、読書など、
日頃は忙しくて取り難い自分の時間を、上手く活用することです。

そうすることで、頭の切り替えがスムーズに出来るのです。
posted by シーサン at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

筋違い

見当違いは、あって当たり前と思うのではなく、
状況を良く見極め、内容をよく理解して、対処することです。

人の発言や言動を正しく受け取ることが出来ずに、
思い違いをして、自分本位な考えで、反論する人がいます。

よくよく考えてみれば、思い違いであることが分かる筈なのですが、
本人は、カッとなって、前後の経緯など忘れてしまったかのように、
いきり立つのです。

何でも反論すればいいというものではありません。

もっともらしい理屈をつけて、
国民の積立金を湯水の如く使い、批判を受ければ、
二束三文で売り飛ばし、平然としているような組織人の行為は、
人々を諦めの境地に陥れる何物でもありません。

筋違いな言動は、許し難くとも、打つ手はないからです。

社会的に問題となるような行為では、
マスコミの報道に異論を挟む人が、
告訴を声高に表明することで、注目を浴びることもあります。

公になるケースでは、よほど慎重に、
内容を分析してかからないと、逆に大きな痛手を負い、
傷口が広がってしまうことになります。

「筋違いな反論は、慎重さの欠如から発生します」

それ程の事件でないにしても、身近なところで、
小さな行き違いや見当違いは、頻繁に起こりうるのです。

人の言動に対しては、正しい理解と冷静な対応を心がけ、
日頃から感性に磨きをかけておくことが大事です。
posted by シーサン at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。